障害者控除について
身体障害者手帳や療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、あるいは手帳をお持ちの方を扶養している方は申告により年収から一定の額を控除されます。

 給与所得者で、年末調整時に障害者控除の手続きが行えなかった方、年末調整以降に身体障害者手帳等を新しく交付された方や等級変更のあった方は、確定申告により障害者控除を受けることができます。
 自営業の方は、確定申告時に手続きが行えます。
 なお、住民税は、申告書の提出により自動的に行われます。

◆手続き
身体障害者手帳の氏名と障害等級の記入されているページのコピーと、身体障害者手帳、印鑑を用意します。申告書の「障害者控除」の欄に手帳をお持ちの方の名前、手帳の種類、障害等級、交付年月日を記入します。
給与所得者は、勤務先にコピーを添付して提出します。
・自営業者は、確定申告時にコピーと持参してください。

    
copyrights(c)2006-2017 (株)タックスマネジメント All Rights Reserved.